おむつはマミーポコがコスパおすすめ!おむつサイズ別比較。Amazon箱買いケース買い最安値まとめ。

  • 2019.01.24
  •  
  • 2019.01.23
  • 子供
おむつはマミーポコがコスパおすすめ!おむつサイズ別比較。Amazon箱買いケース買い最安値まとめ。

どうもThinkingPaPaです。

ママ・パパの子育てにとっては、おむつの購入は当たり前の買い物になってきますが、安いスーパーを探したり、おむつを持って帰るのは大変ですよね。

2児を育ててる経験から圧倒的コスパのおむつの購入方法を紹介していきたいと思います。

目次

子育て中は消耗品の購入で消耗したくない

子育てを通して、気づいたことは消耗品をいかに安く手軽に買うかです。

安くても遠いスーパーに車で買いに行ってたりすると、どうしても余裕がなくなります。

しかし、同じ製品なのに高い商品は買いたくないですよね。

おしりふきについては以下の記事でまとめています。

おしりふきはAmazonでムーニーがコスパ最強でおすすめ。安くて厚手でウェット感あり!
コスパ最強のおしりふきはAmazonのムーニーのおしりふきでした。一枚一円以下で購入することが出来ますし、厚手でウェット感がかなり有り、安心の品質であるので我が家の必需品です。…

ちなみに記事で紹介しているおしりふきの最強コスパはこちら。

やはりAmazonでの購入が最強です。

今回は同様におむつのコスパが良いのはどれかをまとめていきます。

また、おむつのサイズ別に箱買い商品をまとめていますので、愛用しているメーカーの価格も参考になるかと思います。

記事が長いので、早く結論にたどり着きたい方はこちらからどうぞ。

我が家の以前のおむつの買い方


子どもが生まれた当初は、たまにおむつのセールをしているドラッグストアがおむつの値段が一番安く、頻繁に利用してました。
しかし、時々起こるのはセールをしている店舗に安いおむつを買いに行ったら、探しているサイズの在庫がない。

いつもセールをしてる訳ではなく、おむつが安くないときもあり、けど家にはオムツの在庫がもうない、、、ピンチ。

ママ・パパさんはおむつを買っててこんな事よくありませんか?
我が家では、おむつが足りないときには仕方なく持ち帰りにも便利な近所のスーパーで少し高めでも購入することもしばしば。

そんなこともあり、非効率だと思って、我が家ではおむつの最適な購入の仕方を検討してました。

その答えをまとめていきたいと思います。

Amazonでおむつを箱買・定期便がコスパ最強

結論から言うと、おむつの購入は数点の要素の組合せからAmazonで購入がコスパ最強です。
正直に言って、利用しないと損をしてると言って良いくらい安く・手軽に買えます。

おむつは箱買いがコスパ最強

世の中の大抵の商品は、箱買い=いわゆるまとめて購入する方が安く購入することができます。

おむつも同様で、赤ちゃん本舗やトイザらスや西松屋などの子ども用商品の店舗で、おむつの箱買いをされている方もいるのではないでしょうか。

しかし、実店舗での箱買いも安くはなりますが、持ち帰りがしづらい問題があります。

おむつの箱買いに車で買いに行って持ち帰るのは結構大変です。車のないご家庭ならなおさらです。

買い出しのために、せっかくの休日が半日潰れてしまいます。

我が家では、ショッピングセンターに行くついでに駐車券無料の金額のためにショッピングセンター内の子ども用品店でおむつを購入することはありました。

そういった使い方でも、箱買いおむつを持って帰ることは箱も大きく車の載せおろしも面倒くさいので、結構大変でした。

そんな持ち帰り問題も、Amazonなら配送で受け取るだけで良いので、箱買いをしてもかなり楽です。

Aamazonにはサイズや在庫がたくさんある


Amazonではパンツやテープや新生児用・S・M・L・ビックまで幅広く商品ラインナップが揃ってます。

店舗におむつを探しに行って、探してる商品やサイズの在庫がなかったことはありませんか?

自分が探してるメーカーとサイズで店舗に在庫がないと絶望ですよね。

当然、店舗の在庫には限りがありますし、子ども用品店に行ってみると3人に1人くらいがおむつを箱買い購入してますし、在庫がなくなるのもわかります。

在庫問題も、Amazonのような超巨大な倉庫から発注できる方が店舗より在庫があるのも簡単に理解できるかと思います。

また、Amazonに在庫がないケースはあまりないかと思うのですが、わざわざ店舗に行かなくてもワンクリックで在庫があるか確認できるのもメリットですね。

店舗よりネット主体のAmazonのがおむつが安い


次に店舗とネットの値段の差です
子ども用品店舗では運営に人件費や店舗費や商品の輸送費などがかかるので、おむつの価格にも影響してきます。
例えば、人件費だけを考えてみても当然、従業員の給与も払わなければなりませんし利益も出さねばなりません。
実店舗ではそういった価格が個々の商品にも載ってきますのでネット販売より割高になります。
Amazonが実店舗より商品を安く売れるのは中間のマージンがかからないことにあります。
おむつの値段を見てもセールをしている店舗よりも単純にAmazonが安いです。

Amazonファミリーなら15%オフでコスパも最強


そんな値段の差に加えて、Amazonファミリー会員ならおむつやおしりふきが通常価格の15%オフで購入することができます。
Amazonのおむつは単純に安い価格に加えて、箱買いで安くなった金額のさらに15%オフの価格です。
正直に言うと、もはや、おむつの価格では子ども用品店はAmazonにはかないません。

赤ちゃん本舗などは、自社特別の増量パックなどでおむつの枚数を増やしてますが、枚数当たりの単価を計算するとAmazonの方が圧倒的に安いです。

Amazonのおむつの販売価格は実店舗と微々たる差ではなく、かなり大きいです。
Amazonファミリーはプライム会員と同じ年会費3,900円ですがプライム会員に加えて、子ども向けサービスが受けられます。

プライム会員でも十分もとが取れるのに、ファミリー会員はさらにおむつ・おしりふきが15%オフです。

正直すぐに年会費分は取り返すことができます。
年会費が気になる方は、無料体験が1ヶ月可能なので、一度お試しをおすすめします。

初回30日無料かつ、登録すると2000円のクーポンもらえますこれはさすがAmazonです。

Amazon定期便の活用


Amazonには定期便という注文の仕方があり、1ヶ月ごとや3ヶ月ごとに注文ができます。

定期便の割引もつくことが多いので、定期便での購入をオススメします。

おむつの定期便で気になるのが、変更やキャンセルですよね。

子どもが成長すればおむつのサイズは変わりますし、予想よりあまり使わなければおむつが余ります。

Amazonの定期便は定期配送のキャンセルも自由にできますし、子どものおむつサイズが変われば違うサイズや商品に変更することもできます。

例えば、次回の発送分以降をキャンセルすれば、定期便価格で一回だけ購入することも簡単にできます。

おむつでコスパが良いのはどれ

おむつの購入に関して、コスパを測るポイントをまずはまとめてみたいと思います。

おむつの単価は一枚当たり金額で考える

おむつはメーカーにより商品ラインナップごとに1袋あたりの枚数が違います。

同じMサイズのパンツタイプのおむつでも、商品によって同梱枚数が違います。

他にもご存知だと思いますが、サイズごとに全然、枚数は違いますよね。

サイズが上がっていくごとに同梱する枚数は減るので、一枚あたりの価格は上がっていきます。

新生児サイズだと1パックに100枚ぐらいあったのにLサイズだと40枚くらいです。

商品ごとに同梱する枚数が違うので、コスパを比較するためには一枚あたりのおむつの単価で評価するべきです。

おむつのサイズ・対応体重もポイントに


おむつによってサイズ区別はあるものの、若干対応している体重に差があります。

サイズが小さい方が一枚あたりの単価は安くなるため、対応体重によって適正な商品を選ぶことで一枚あたりの単価を下げることができます。

例えば以下のようなケースです。
A商品

Mサイズで6キロ〜12キロ

B商品

Mサイズで6キロ〜11キロ

Lサイズで12キロ〜○キロ

子どもが12キロだった場合には、A商品であればMサイズにすることができます。

B商品だとLサイズになるとサイズが大きいので、おむつの価格が高くなってしまいます。

おむつのメーカーにこだわりのない方はこういった視点で見ると一枚あたりの単価が抑えられるかもしれません。

記事の後段ではメーカー・サイズごとに同梱枚数と対応体重もまとめています。

一枚当たり最安はマミーポコ


我が家の結論は、色々なおむつを試しましたが、正直コスパ最強はマミーポコです。

枚数当たりの単価が圧倒的に安いです。無名メーカーの激安おむつの中ではなく、質が担保された有名メーカーの中でのコスパ最強という意味です。
これはAmazonの割引等を含めるとさらに圧倒的に安いです。
市販のスーパーの新生児用おむつの単価とAmazonファミリーを含めたマミーポコのMサイズが同等の枚数あたりの単価になるレベルです。

価格と質を合わせて評価すると、マミーポコが一番だと思います。

ただ、おむつのメーカーにこだわりのある方も多いと思うので、後半では各ブランドごとに商品をまとめています。

マミーポコは以前より改良・進化してる

我が家も以前はムーニーやパンパースを使っていました。

日本のメーカー製で質も良く、安心なのですが価格は、若干高めで個人的には高級おむつ感があります。

しかし、マミーポコがスーパーなどで他メーカーよりも少し安く売られているのを目にしたことはないでしょうか。

ランク的にはマミーポコは下の方だと思われてるママ・パパさんは多いのではないでしょうか。

実は私も、数年前にマミーポコを購入したときは、一人目の子どもに履かせても漏れたり、使い勝手が良くなく、奥さんからダメ出しをされて以後、購入してませんでした

だだ1〜2年くらい前から、マミーポコはかなり質が上がってきているように思います。

製品改良でもしたのでしょうか?

最近のマミーポコのおむつは、特に漏れることもなく、他メーカーの高いおむつと遜色のないクオリティで利用することができてます。

安いのに優秀!といった印象に変わりました。

それ以降、二人目からはずっとマミーポコを利用していて、お世話になってます。

Amazonの箱買いマミーポコ。

今回は実際にマミーポコのLサイズのパンツタイプを購入してみたので紹介してみたいと思います。

購入というより、Amazon定期便で数ヶ月ごとに届くのでその紹介になります。

参考までに、近所のおむつが安いドラッグストアではマミーポコパンツのLサイズは1パック900円程度でした。

Amazonから箱買いおむつが到着

Amazonダンボールではなく、おむつ会社のダンボールで届くことが多いです。

これも梱包が必要が必要ないので値段が安い理由でしょう。

パレットの積み方指示もあることから、店舗に搬入するときもこのダンボールなんでしょうか。

このサイズを持って買えるのはかなり大変ですよね、、

配達してくれるありがたみを感じます。

中には4パックが同梱

大きなダンボールの中には4パック梱包されてました。

定期便で在庫を気にする必要なし


子供のおむつの消費量はママ・パパさんであればある程度、想像できるかと思います。

あらかじめ定期便で○ヶ月ごとに配送と登録しておけば、自動でおむつが届きます。

定期便の割引があったり安く購入することもできますよ。

【番外編】おむつダンボールは工作に!

メーカーの搬入用だけあってかおむつのダンボールはかなり丈夫です。

配送中に、つぶれないように強化されていることが想像できます。

サイズも大きいダンボールなので、我が家では子供向けのダンボール工作としてバスを作ってますよ。

前面と側面の部分を切り抜いて、穴をあけて、窓にしたりタイヤを書いたりするも子供が喜ぶバスです。

紐をつけて子供2人乗せて、引っ張っても簡単には壊れません。
家で遊ぶのにはもってこいですよ。

ブランド・サイズ別Amazon箱買いおむつ一覧

Amazonではおむつの種類もたくさん扱ってます。

マミーポコを始め、各サイズの箱買いおむつを紹介したいと思います。
ただ、箱買いの安さよりは1枚当たりのおむつの単価の安さを見ていただいたほうが良いと思います。

内容枚数も記載していますので、1枚当たりの単価は簡単にわかるかと思います。

ここに記載されている値段はシステム的に取得しているため、Amazonファミリーでさらに15%オフや定期便での割引が追加されることがありますので、Amazonのサイトを確認ください。

新生児用 テープ 箱買いおむつまとめ

グーン 総枚数:348枚 体重目安:5kgまで


ムーニー 総枚数:333枚 体重目安:5kgまで

パンパース 総枚数:342枚 体重目安:5kgまで

Sサイズ テープ 箱買いおむつまとめ

グーン 総枚数:318枚 体重目安:4kg~8kg


ムーニー 総枚数:306枚 体重目安:4kg~8kg
ムーニー テープ S (4~8kg) 306枚 (102枚×3)【ケース品】

ムーニー テープ S (4~8kg) 306枚 (102枚×3)【ケース品】

4,410円(01/30 00:55時点)
Amazonの情報を掲載しています

メリーズ 総枚数:328枚 体重目安:4kg~8kg

パンパース 総枚数:312枚 体重目安:4kg~8kg

Sサイズ パンツ 箱買いおむつまとめ

グーン 総枚数:234枚 体重目安:4kg~9kg

Mサイズ テープ 箱買いおむつまとめ

グーン 総枚数:152枚 体重目安:6kg~11kg


ムーニー 総枚数:234枚 体重目安:6kg~11kg
ムーニー テープ M (6~11kg) 234枚 (78枚×3)【ケース品】

ムーニー テープ M (6~11kg) 234枚 (78枚×3)【ケース品】

4,410円(01/30 00:55時点)
Amazonの情報を掲載しています

メリーズ 総枚数:152枚 体重目安:6kg~11kg

パンパース 総枚数:246枚 体重目安:6~11kg

Mサイズ パンツ 箱買いおむつまとめ

マミーポコ 総枚数:168枚 体重目安:6kg~12kg


グーン 総枚数:228枚 体重目安:6kg~12kg

ムーニー 総枚数:210枚 体重目安:5kg~10kg

ムーニー 総枚数:210枚 体重目安:6kg~11kg

メリーズ 総枚数:148枚 体重目安:6kg~11kg

パンパース 総枚数:228枚 体重目安:6kg~11kg

Genki! 総枚数:174枚 体重目安:7kg~10kg

Lサイズ パンツ 箱買いおむつまとめ

マミーポコ 総枚数:168枚 体重目安:9kg~14kg


グーン 男の子 総枚数:174枚 体重目安:9~14kg

グーン 女の子 総枚数:174枚 体重目安:9~14kg

ムーニー 男の子 総枚数:162枚 体重目安:9~14kg

ムーニー 女の子 総枚数:162枚 体重目安:9~14kg

メリーズ 総枚数:112枚 体重目安:9kg~14kg

パンパース 総枚数:180枚 体重目安:9~14kg

Genki! 総枚数:180枚 体重目安:9~14kg
【ケース販売】 ネピア GENKI! パンツ L(9~14kg) 132枚(44枚×3)

【ケース販売】 ネピア GENKI! パンツ L(9~14kg) 132枚(44枚×3)

3,190円(01/30 00:56時点)
Amazonの情報を掲載しています

Big パンツ 箱買いおむつまとめ

マミーポコ 総枚数:144枚 体重目安:12kg~22kg


グーン 男の子 総枚数:156枚 体重目安:12kg~20kg

グーン 女の子 総枚数:156枚 体重目安:12kg~20kg

ムーニー 男の子 総枚数:138枚 体重目安:12kg~22kg

ムーニー 女の子 総枚数:138枚 体重目安:12kg~22kg

メリーズ 総枚数:100枚 体重目安:12kg~22kg

パンパース 総枚数:156枚 体重目安:12kg~22kg

Genki! 総枚数:114枚 体重目安:12~17kg
【ケース販売】 ネピア GENKI! パンツ BIG 114枚(38枚×3)

【ケース販売】 ネピア GENKI! パンツ BIG 114枚(38枚×3)

3,190円(01/30 00:56時点)
Amazonの情報を掲載しています

悩まれてる方はAmazonファミリー無料体験がおすすめ

実際、ネットで買うのが不安だったりする方もいると思います。

Amazonファミリーは一ヶ月間無料で体験できるので、是非おむつのAmazonでの箱買いなど試してみることをおすすめします。

初回30日無料かつ、登録すると2000円のクーポンもらえます

おむつを運ぶ手間なく、圧倒的に安いので家庭のコスト削減にもいかがでしょうか。

子供カテゴリの最新記事

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status