嫌がる子どもの歯ブラシ問題!タフト17を買って、歯磨き悩みを解決。

  • 2017.09.10
  •  
  • 2019.01.22
  • 子供
嫌がる子どもの歯ブラシ問題!タフト17を買って、歯磨き悩みを解決。

どうもThinkingPaPaです。

しばらく仕事が忙しかったりで更新を休んでいましたが、再開したいと思います。

今回は、ママやパパにとって悩みのタネである子どもの歯磨きについて記載します。

※本ブログの商品に関する記事は実際に商品を購入/使用して書いております。

子どもが嫌がる歯磨きタイム

我が家の子どもたちは、歯磨きを嫌がります。

youtubeなどで歯磨きの歌を聞かせてみたり、虫さんとバイバイしよーと説得しようとするのですが歯磨きの最中に暴れて嫌がったりすることも多いです。

よく考えると、あまり歯磨きの重要性や大切さを子どもとしては理解できずに何か得体のしれないものを口に入れられていると思っているのかもしれません

ママやパパとしてもキレイにすることも大切ですが、サクっと終わらしたいところです。

うちの子はあまりないのですが、お子さんによって、歯ブラシを噛んでしまう癖がありすぐに歯ブラシがだめになってしまうこともあるとよく聞きます。

また、歯肉が弱いお子さんなどもいて、子どもの歯ブラシ選びに悩むこともあるかと思います。

我が家の歯磨き促進アイテム

効果があったアイテムをご紹介します。

アンパンマンの歯磨き粉

子どもに歯磨き粉を使わせるのは賛否両論あるかと思いますが、我が家では少しでも歯磨きに対する抵抗を減らすため使用しております。

キャラクターのパッケージでイチゴやメロン味があり、子どもの食いつきはかなりのものでした。

イチゴやメロンの味なので美味しく感じて、幼いうちはそのまま飲み込んでしまうこともありますが、子ども向けの商品として作られていますので安心です。

専用のゆすぎ用コップを用意

歯磨きのプロセスの一環として、最後に口をゆすぐ際に使用するコップです。

お子さんが好きなキャラクターのコップなどをご用意されると良いかもしれません。

子どもとしても、自分用のコップがある、何事も自分でやってみたりしたい年頃には良いようで、ゆすぎコップ目的で歯磨きを嫌がることが少なくなりました。

子ども用の歯ブラシは何が良い?

歯磨きに対して、促進するアイテムを使っても、歯磨き自体をサクッとキレイに終わらせるために歯ブラシについて検討してみました。

以前は、ドラックストアで売っている子ども用の歯ブラシを使っていたのですがヘッド部分のブラシのサイズが大きく、細かい部分が磨けない上に、子どもが口を空けるのも大変そうでした

アンパンマンのキャラクターもの歯ブラシを使ったりしていましたが、キャラクターには食いつくものの、歯ブラシ自体の使い勝手はあまり良くありませんでした。

子どもよっても歯の大きさなどもちがいますし、歯磨き時のフィット感は良くなかったです

ちょうど歯ブラシの交換時期ということもあって子ども向けの歯ブラシを探してみました。

Amazonでも話題のタフト17を買ってみた

調べた結果、オーラルケアというメーカーが発売しているタフト17の評判が良く、購入しました。

タフト17は自治体の検診で配布されていたり、歯医者さんからもおすすめされている歯ブラシです。

見かけたり名前を聞いたことがあるママやパパは多いのではないでしょうか。

製品の特徴

製品のコンセプトとしては、”お子さんがはじめて使う歯ブラシ”をコンセプトとしており、1歳から7歳の子ども向けに作られております。

対象年齢が1歳からということで、幼児にも使えるような優しい素材が使われているのでしょう。

ブラシの硬さは、ミディアムMとソフトPSの二種類

ミディアムが通常の硬さであるとおもうのですが、歯ブラシを噛んでしまうお子さんにはM(ミディアム)を使用。

力強く磨いて、歯肉を傷つけてしまいそうなお子さんにはPS(プレミアムソフト)が最適のようです。

我が家は通常タイプのMを購入しました。

子どもの歯磨きにタフト17を一ヶ月つかってみた。

今回、実際に購入してから一ヶ月間、子どもの歯磨き時にタフト17を使用したのでレビューしていきたいと思います。

一回り小さいヘッドの大きさとブラシの質が良い

他メーカーの歯ブラシと比べるとタフトのほうがヘッドが一回り小さいにも関わらず、ブラシの毛にコシがあるように感じます。

写真は左がタフト17で右がほかメーカーの市販の子ども用の歯ブラシなのですが、タフト17のほうがヘッドが小さいことが比較してもわかります。

また、ブラシ部分の毛の密度も高く、しっかりと歯を磨ける使用感気に入りました。

なにより子どもの歯にフィットするような感覚があります。

値段も安く、長持ち

値段も安い上に、歯ブラシの先もそこまで広がらずに、比較的長持ちする印象を持ちました。

ナイロンの4.2倍長持ちする素材を使っているらしく、耐久性には自信がある製品のようです。

子どもが雑に扱って、すぐ歯ブラシの先広がって買い替えする市販の歯ブラシも多いので、コスパ的にも良いかと思います。

猫のキャラクターも可愛い

タフト17には下部に猫のキャラクターが印刷されており、子どもも気に入って、「猫さんの歯ブラシするー」っと言ってくれてます。

こういった子ども向けの配慮も嬉しいですね。

ちなみに写真の右の方(タフト17のロゴの右型)にはMと書かれています。

これはブラシの硬さを表すM(ミディアム)という意味で、もしPS(プレミアムソフト)タイプと使い分けする場合でも、ひと目で使っている歯ブラシの硬さがわかるようになっています。

購入はAmazonがコスパが良くオススメ

Amazonでは一本単位でなく、まとめて購入することが可能です。

タフト17はドラックストアを探してもなかったりするので、ネットでサクッと買えるのはとても便利です。

また、ある程度の本数をまとめて購入することで一本あたりの値段も安くなります。

消耗品である歯ブラシですし、対象年齢の幅も広いので10本程度購入し、一本あたりのコストを下げることをオススメします。

歯ブラシのカラーは4色(青/赤/黄/緑)もありますので、我が家ではまとめて10本セットを購入して子どもごとに色分けして使用しています。

同系列商品にマミー17も

オーラルケア マミー17歯ブラシ 10本 アソート ミディアム(M)

オーラルケア マミー17歯ブラシ 10本 アソート ミディアム(M)

1,296円(01/29 15:07時点)
Amazonの情報を掲載しています

同系列商品でマミー17という商品もありました。

マミー17は、仕上げ磨きに使用するハブラシで、ネック部分、ハンドル部分ともに細く長く出来ています。

なんでも自分でやりたがる時期のお子さんには、丈夫なタフト17で子どもが自ら磨いたあとに、繊細なマミー17でママやパパが仕上げを行うような使い方もあるようです。

(我が家の子は最初からママとパパが磨いているのでマミー17は購入しませんでした)

さいごに

お子さんの歯磨きに悩まれる方はぜひタフト17を購入されてみてはいかがでしょうか。

我が家では購入して大満足してます

パパが子どもの歯磨きについて検討することでママの機嫌も良くなるかも!?

 

子供カテゴリの最新記事

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status